プロトタイピング

だいたい半分くらい読んだので、もう少しおつきあいくださいね。

この「プロトタイピング」も「顧客インサイト」と同様にビジネルモデルデザインのテクニックの1つです。

プロトタイプという言葉から(わたしはソフトウェア開発のお仕事に携わっているので)あるソフトウェアの機能や部品の試作品を思い浮かべました。そしてそれが(できる限り少ない変更によって)ゆくゆくは正式に製品として組み込まれるのが良いことだと思っています。

この本にはそれとはまったく異なることが書かれていました。

ここで重要なのは、ビジネスモデルのプロトタイプが必ずしも、実際のビジネスモデルの姿ではないことを理解することです。プロトタイプはむしろ、私たちのビジネスモデルが取ることができる別の方向を探るのに役立つ思考ツールなのです。 

 

ビジネスモデルとソフトウェアの部品の違いはあるけれど、全く別物ですね。もしかしたらわたしが思っているプロトタイプはプロトタイプではないのかも。大抵1つしか作らないし…。あんまり時間のせいにしたくないけど、結局はそういうことです。

本書ではそういったよくある反応に対し「ビジネスがどんどん平凡になっていき、よりダイナミックな競合他社にやられちゃうよ」と警告しています。

 

探求のための試行錯誤を「後戻り」と言われないためにはどうすればいいのかなあ。

 

広告を非表示にする