CAT GETTING OUT OF A BAG

What the tester is thinking.

ピクシー絵本の思い出

手のひらサイズ(10cm*10cm)の小さな絵本です当時読んでいたものは引越しの際に捨ててしまい(あとになってそれを悔やんでいた)2000年にフェリシモ出版から復刻されたときに買い直しました pic.twitter.com/Eb6cwrA7QP— miwa (@miwa719) 2019年5月3日 この中…

誰も使ってない機能にバグが見つかった時にどうするか

ある機能にバグが見つかりましたが、その機能を使っている人はいません。1. バグを直す2. 放置する3. 機能を削除する品質が上がるのはどれ?製品価値が上がるのはどれ? — HARADA Kiro (@haradakiro) March 8, 2019 Twitterのタイムラインにこんなツイートが…

「多数決で決める?」

開発現場で課題や問題を解決していく最中におこる「小さな会話」が「よいチーム」をかたち作る(のではないか)という仮説から、うちのチームでよく使われる「フレーズ」をいくつかのイベントで紹介したのですが、とうとうボット化する者が現れました。これ…

何かを始める時に『やめどき』を決めておく

2019年が始まって1か月半が過ぎようとしています。『今年の抱負』のようなものを設定しなくなってからだいぶ経つのですが、今年は50才を迎える記念すべき年なので、何かひとつ新しいことを始めたいな!と思っています。 始めるより終わりにするのが大…

お客さまから見た『落とし穴』という視点

近所のBOOKOFFで仕事関連の専門書を購入しました。ウルトラセール中(全品20%OFF)*1で、定価4,000円(税別)の本がBOOKOFF価格で510円、さらに20%OFFの408円でした。 デジタルイメージングの落とし穴 CT&MRI編―CT・MRI検査の進め方とスキャンテクニック 作…

自分のiPhoneの電話番号が覚えられなくてカッとなってApple Watchアプリを作りました

テスト中にいきなりアプリがクラッシュしても、直前に操作していた内容や手順を11個くらいまで遡ることができるのに、自分のiPhoneの電話番号(11桁)を覚えることができません。 自分のiPhoneに電話をかける状況になったことはないのですが、飲食店などに電…

違和感のつかまえかた

ソフトウェアテスト #2 Advent Calendar 2018 - Qiita 24日目の記事です。 qiita.com はじめに 医用機器(自社製品)のソフトウェア開発に従事して、あと数年で30年になります。うち15年くらいはプログラマー、現在はテスターとして日々奮闘中です。 私…

明日から試せるテストに関するアドバイス

この記事は、テストに関するツイート(わたしの)の抜粋です。那須の「あのチーム」の話を聞いたからと言って、すぐに真似することはできないかもしれないけど、これなら明日から試せそうじゃない?と思うものを、集めてみました。 1. 実装する前にやってみ…

ブログのサイドバーに本棚を置きました

自宅の本棚を新調したいな…と思っているのですが、どういう本棚にしようか探したり、悩んだり、採寸とかいろいろ面倒くさいので、とりあえずブログのサイドバーに本棚を置いてみました。だからと言って何も解決してないんですけど、ちょっと満足しました。 …

コーヒーの香りを楽しむための Apple Watch アプリを作りました

普段、紅茶やルイボスティーを飲むことが多いのですが、猫廼舎さんのコーヒー豆が通販で買えるようになったので、毎日1杯だけハンドドリップする時間を作りました。コーヒーを淹れるときの香りには、人間の脳に働きかける二つの効果(癒しと集中力)がある…

プログラミングの「アンチパターン」からテストを考える

はじめに この記事は、技術系ブログや書籍などに書かれているプログラミングの「アンチパターン」を読んだとき、わたし(テスター)が、どのようなことを考えているのか紹介したものです。 もし「アンチパターン」で実装されていたら わたしはよく「過去の不…

「バグの伝わり方」を知るということ

見た目は単純そうなバグでも、その生い立ちを知ると「バグの伝わり方」が見えてきて(面白いなー)と思うときがあります。 たとえば、アプリケーションの画面には、やりたいこと(処理)を実行するための「ボタン」があります。状況に応じて、ボタンを有効(…

ベテランプログラマーKさんの弱点

隣のチームのベテランプログラマーKさんが担当したものを(自主的に)テストすることがあるんだけど、バグが出ない。これまでにわたしが見つけたのは1つだけ。「◯◯の隙間を突かれましたねー」と、笑いながら言われたので、そのときの風景も含めて覚えている…

テストのさじ加減

昨日おかしな現象をプログラマーOさんに見てもらった。5分くらい追試したら再現手順が分かったのでOさんの作業場に行ったら、どこのコードがおかしいか当たりがついたところだったようで、再現手順とコードで答えあわせをした。こんな時わたしは(テストとい…

2018年はどのようなタイプのバグが検出されているのか(4)

このエントリーは こちらの記事 を Google 翻訳を使って雑に読んだときに、わたしが何を考えていたかのメモです。マニア向け! applitools.com No Order for You Amazon’s mobile app 注文数量を1以外に変更しようとすると、数量選択ポップアップが画面の外…

2018年はどのようなタイプのバグが検出されているのか(3)

このエントリーは こちらの記事 を Google 翻訳を使って雑に読んだときに、わたしが何を考えていたかのメモです。マニア向け! applitools.com SearchDown ウェブページの右上のアイコン(サインイン、カートなど)の上に、検索用のテキストボックスが重なっ…

2018年はどのようなタイプのバグが検出されているのか(2)

このエントリーは こちらの記事 を Google 翻訳を使って雑に読んだときに、わたしが何を考えていたかのメモです。マニア向け! applitools.com Wanna Get A Way (to Book) 航空機のチケット予約画面で、利用規約とContinueボタンが重なって、Continueボタン…

9月9日はテスターの日

applitools.com Back on September 9, 1947, Grace Hopper, a Harvard computer scientist, was running tests on a calculator and found calculation errors. She did some investigation and found a moth that had landed between two solenoid contacts…

2018年はどのようなタイプのバグが検出されているのか(1)

このエントリーは こちらの記事 を Google 翻訳を使って雑に読んだときに、わたしが何を考えていたかのメモです。マニア向け! applitools.com Trippy Text Layout ホテルの名前と口コミでの評価の表示が重なって、見えづらくなってしまう問題 ホテルの名前…

テスターのあたまの中(サマータイム開始日と終了日)

システムやソフトウェアで扱っている日時を標準時に変換してから計算すれば良さそうなんだけど(計算した結果を、どうお客様に見せるかはまた別)テスターだと内部処理がどうなってるか分からないことも多いので、サマータイム開始日、終了日をお題に、心配…

サディスティックミワテスト

はじまりはこのツイート miwaさんの笑顔の端から滲み出てるの何かと思ったら、このドS成分かあ。(適当な先入観だけど)サディスティックなキャラクターはテストする(ソフトウェアをいじめる)のに向いてそう / “ベテランプログラマーとバグの調査をしたと…

ベテランプログラマーとバグの調査をしたときのこと

隣のチームのベテランプログラマーSさんとバグの調査(どの操作が引き金になってるのか)をしたんだけど、特定するまでの時間が(わたし一人でやるより)断然早くて素晴らしかったな。しかもSさん、いちいち悲鳴あげるから(ああ、こういうのがソフトウェア…

テスターと内部設計情報

大層なタイトルをつけてしまいましたが、先日 Twitter に連投したことをブログに残しておきたいだけのエントリーです。(すこしだけ、補足しました) つい最近「内部設計情報」をプログラマーに聞いて(そういう風に実装してるなら、こっちもテストしないと…

テストする順番を気にする

以前、ある方から「普段、当たり前にやっていることって何ですか?」と質問があり、その場では即答できなかったのですが、最近になって(これ、当たり前にやってることかも)と思うことがあったので、紹介します。わたしは、テスターとして組み込み系製品の…

テスターから見た「テストの合間にプログラミングする」

druby.hatenablog.com この記事を読んだときに、この「テストの合間にプログラミングする」という感覚が、はたして読み手に伝わるのかしら、、と思いまして、テスターの立ち位置で、いくつかツイートしました。今回はそれを引用して、さらに補足します。 200…

間違えたことを大切にする

これはバグだと思ったけど、調べたらそういう仕様だったとき、あなたはどうしてる? つい二、三日前にそんなことがあって、仕様だと分かったのは、Bugチケットを発行した後だったのだけど『そっ閉じ』しないで、チームのみんなに見てもらったよ。"そういう仕…

とちぎRuby会議07 ふりかえり #toruby

とちぎRuby会議07で、主にわたしが担当した『食』を中心に、ひとりふりかえりをしました。 ランチセッションの「からあげ弁当」 量が異常。 Twitterのタイムラインが「からあげ」だった。 肉で勝負感がすごい #toruby pic.twitter.com/pZRUTUvFp3— emori may…

正しそうなことを疑うこと(統一感を例に)

システムを組み合わせた状態でテストしていると、自ずと「システム全体として統一感がとれているか?」のような視点でも確認しますよね。わたしの場合は ”わざわざ確認する” というよりは、テスト対象を触っていて、統一感がとれていない事象に遭遇したとき…

テスト脳を鍛える

ある処理の応答時間を計測し、何秒以内だったら Pass/Fail を判定するようなテストケース、ありますよね。最近、わたしたちのチームでこんなことが起きました。期待している時間内に応答が返ってきたので、テスト結果は ”Pass” になったのですが、合否判定係…

フラットシューズのこと

わたしはフラットシューズが好きで、真冬の季節を除いた10か月間、ほとんどの日をフラットシューズで過ごしています。一日中履いていても足が痛くならないので、その分、違うことに集中でき、精神的にも楽になれるのが好きな理由です。 とはいっても、靴選び…